Copyright©2019 AQUARYLIS Inc,

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

世界に一つだけのジュエリー。

その輝きを手にとられたお客様や、​クリスタルを扱う人達にまつわる「心温まるラブストーリー」をご紹介します。

「心温まる家族愛。グリーンアポフィライトのお話」

2012年、海外へ石を探す旅へ出た時のこと。私は、世界的稀少石として鉱物専門誌の表紙を飾り、鉱物コレクターにも人気の高い1989年に閉山されたインドのパシャン鉱山産のグリーンアポフィライトを探していました。100店舗以上のお店を巡っても見つけることができず、肩を落として歩いていた時。ふと横目に入った、小さなお店の前で足が「ピタッ!」と止まりました。「よし!これで最後!」と思い店の中へ入ってみると。。。驚くことに、ショーケースの中にたくさんのグリーンアポフィライトが輝いていました!その隣で椅子に座り、朗らかな表情で私を見つめるインド系の店主。私は、「何処を探しても見つけることができなかったんです!なぜ、こんなにたくさんの原石をお持ちなんですか?!」と尋ねました。すると、「この石は、私が何かあった時のために、財産としてずうっと大切に保管していたものなんです。昨年、失明するかもしれない目の病気になり、その手術代にと思っていました。ですが、私の息子が仕事で大きな飛躍を遂げ、おかげで経済的な心配をすることがなくなったのです。そして、この石を喜んで手放すことにしたのです。」この時の店主の幸せな笑みを、私は今でも忘れられません。家族の愛情が込められた、グリーンアポフィライト、あなたの手にお届けできたら幸せです。

「運命の人と結ばれた。オパールのお話」

それは、2015年クリスマス展示会のある日。リピーターのK様が、「今年は、ソウルメイト(運命の恋人)に出会いたいな。」と心の内をお話ししてくれました。私は、「では、今日はどの石に惹かれますか?」とお聞きすると。。。「これ。」と指で示されたのは、“親密な愛を育む”というメッセージを持つ、白く虹色に輝くオパールのペンダントでした。まさに心の内と共鳴する石と出会われたK様。迷わずオパールのペンダントをお持ち帰りになりました。そして、2016年春の展示会。胸元にキラキラと輝くオパールを身につけて、満遍の笑顔でご来店くださったK様。「レイさん、まだ、公にはしていないのですが、結婚が決まりました!実は、オパールを購入してからトントンと恋愛がうまくいき、こんなに早い流れで結婚することになったんです。レイさんには先にご報告したくって、ありがとうございました♡」。その後、沢山の人に祝福され素敵な結婚式を挙げらたK様。現在も、ソウルメイトの旦那様と幸せな毎日を過ごされているとのことです♡

「自分を大好きになれた。アクアマリンのお話」

「自分への誕生日プレゼントに♡」と、オーダーペンダントのセッションにて、「アクアマリン」のペンダントをお嫁入りしてくださったK様。それから3週間後にご体験された「幸せな変化」をご紹介します。(以下、K様からいただいたメッセージ)

 

「私は、拗ねまくっていた自分に贈り物をしたくて、 普段つけて歩けるクリスタルが欲しかったのですが、セッションで出会ったのはでっかいプレゼント!

私が選んだアクアマリンからのメッセージを伝えてくれたレイさんは、 “クリスタルは地球の欠片で、 選び選ばれたクリスタルは選んだ人の分身だよ”と言った。 私は、アクアマリンからのメッセージをゆっくりと感じてみました。その後、3週間が経ち、私の内側がいきなり揺れるような体験をしたのです。

一緒にいるだけで悲しくなって、憎くて、辛くなる人達の事を、愛おしくて愛おしくて大好きだった!と想える日が来るなんて!!愛おしすぎて泣く日が来るなんて。しかも、自分が望まれてこの世に産まれ、親をも超える無限の愛の中にいるかもしれない!って思う日が来るなんて! そんな事、ありえないはずなのに、今、そう思えていて、その優しさや愛が身の内から溢れています。 相手は一ミリも変わっていないのに、私が心地いい。相手ではなかった。誰のせいでもなかったと。。。

セッションの時、その場でも幸せだったけれど、 自分の内側から歓びが湧いてきて自分を大好きになりました! ありがとう!!」

「天使、舞い降りる。エンジェルオーラのお話」

お友達がアクアリリスジュエリーのご愛用者様だったH様。2015年の展示会で初めてお会いしました。私が、「どの石に惹かれますか?」と伺うと、「私は、こういったジュエリーを見るのは初めてなのですが、何故かこの石に惹かれます」。H様が手にとられた石は、キラキラと七色に輝くエンジェルオーラのペンダントでした。私は、「この石は、可愛い子供の守護天使に守られる。そんな優しい愛の石なんですよ」。とお話ししました。すると、一瞬、息を呑むような表情の後、じんわりと涙目になられ「実は、昨年、赤ちゃんを流産してしまい、ずっと悲しい思い出を忘れられずにいました。そして、つい最近、やっともう一度、赤ちゃんを産みたいという意欲が湧いてきていたのです。なので、今、レイさんの話を聞いて、その赤ちゃんが、私の側で見守ってくれているような気持ちになりました。」その後、エンジェルオーラのペンダントを胸に、お帰りになられたH様。それから約3ヶ月後、妊娠されたという喜びのご報告を頂きました。エンジェルオーラを通じて、これから生まれてくる赤ちゃんが、お母さんへ、愛と勇気のメッセージを届けてくれたのかもしれません。

Please reload